Profile

岩坂 聡子 /Satoko IWASAKA

岩坂聡子は1989年生まれ、学生時代は政治思想を専攻した。修士課程在籍中に絵画を再開し、修了後本格的に制作活動に集中する。静物から政治的題材を扱った作品など、制作対象は多岐に渡る。なにかとなにかをずらしたとき、見つめたときのゆらぎが根本的な関心としてある。油彩を主に扱うが、パステル、クレパス、水彩、アクリルも用い、特にアクリルと油彩それぞれのテクスチャーを利用した作品を多く手がける。

1989年    東京都生まれ、在住

2012年 国際基督教大学教養学部(政治学専攻)卒業

2016年 一橋大学大学院社会学研究科政治学専攻修了

2018年 個展「はじめのひ」(日本基督教団蒲田教会/蒲田)

2019年 個展「すぐろの」(高願寺/武蔵小杉)

2019年 個展「森森」(ART FOR THOUGHT/銀座)

2020年 個展「Betweenness」(工房親/広尾)

受賞歴

​2021年 世界絵画大賞展入選(東京都美術館)

​2019年 シェル美術賞入選(国立新美術館)

1989 Born in Tokyo, Japan

Lives and works in Tokyo.

2016 Get a master’s  degree in politics in Hitotsubashi University, Tokyo

2012 Graduate International Christian University, Tokyo

SOLO EXHIBITION

2020 BETWEENNESS at Kobo CHIKA, Tokyo

2019 SHIN-SHIN at ART FOR THOUGHT, Tokyo

2019 SUGURONO at Koganji, Kanagawa

2018 HAZIMENOHI, Kamata Church, Tokyo

Award

2021 Selected for the World Art Exhibition

2019 Selected for Shell Art Award